真空キャッパー

08.12

長野Labから製品のご紹介

🍏フルーツが美味しい季節になりました。
長野Lab周辺の農園では、桃、ぶどう、リンゴ等の生産が盛んです。
そのまま食べて美味しいのですが、フルーツジャムもいかがでしょう。
ビン詰めフルーツジャムを選ぶのも楽しいものです。

そこで、当社が販売する「真空引きキャッパー装置」のご紹介をさせていただきます。
ビン内部を真空引き(脱気)することで、食材の保存期間を延ばすことができます。
フルーツ以外にも、魚フレークや佃煮等の水産加工品、ふりかけ等の実績が御座います。
その他、小ロット多品種のビン形状への対応、製品検査、搬送ラインなど、お気軽にご相談下さい。

真空引き(脱気)は、特別な作業工程は不要で、操作は簡単で2ステップです。
*女性の作業者の方、初心者の方にお使い頂いても安心で人に優しく、疲れません。

初期設定:食材に合わせ、真空度の数値を設定するだけです。
     設定値を記憶しますので、都度設定する必要はありません。
 ①食材を入れたビン容器にフタを載せ指定位置にセット。
 ②装置の左右にある押しボタンスイッチを両手で同時に押す。

※ビンを抑えたりする必要がなく、作業者が手を挟まない操作方法で安全です。

いちごジャムをビン詰めしました。

お問い合わせはこちら(info@need-link-eng.co.jp)まで。

仕様

ページ上部へ戻る