分注ポンプ

01.08

「分注ポンプ」は、定量の液体を連続で送り、試験管などに投入する装置です。
液体と空気を管の中に交互に通す事で、液滴の量と数を管理することができます。
ピペットで液体を1滴1滴試験管に投入する作業を楽に行う事は出来ないか。そんな問題を解決する為に生まれました。

特徴

・液体容器から直接連続送液が可能
・ポンプ内部に異物の混入や残留が無く衛生的
・ポンプ洗浄不要(送液パイプはディスポーザブル)

機能

・タッチパネル設定(液量・速度・液滴数など)
・パソコンからも制御が可能
・複数の液体の投滴が可能 ※複数台使用の場合

動画

※ボタンをクリックするとお使いのメールソフトが開きます。

関連記事

ページ上部へ戻る